SPDR ゴールド・シェア受益証券とは、どんなファンド?


SPDR ゴールド・シェア受益証券とは

ファンドの値動きが金の価格に連動する仕組みのETFを一般に「ゴールドETF」と呼びますが、2008年6月30日に東京証券取引所に上場した「SPDR ゴールド・シェア受益証券」が、その一つです。

「SPDR ゴールド・シェア受益証券」は、2004年11月12日に米国で設定され、2004年11月18日にニューヨーク証券取引所に上場しました。米国での名称は「SPDR Gold ETF」(スパイダー・ゴールド・シェア)です。2007年12月13日にニューヨーク証券取引所からニューヨーク証券取引所アーカ取引所に上場移転し、その後、2006年8月10日にメキシコ証券取引所、2006年10月11日にシンガポール証券取引所にも上場しています。日本では、2008年3月に信託法が改正され、商品に直接投資するETFの設定が可能になったために東京証券取引所への上場が実現しました。つまり、「SPDR ゴールド・シェア」は外国籍の投資信託というわけです。

 

SPDR ゴールド・シェアは直接、金に投資する

SPDR ゴールド・シェア受益証券は、直接、金の現物に投資を行ないます。ファンドが購入した金はカストディアンであるHSBC銀行USA(2014年7月末現在)が保管しています。このように金の現物に投資する上場投資信託(ETF)を、金現物拠出型上場投資信託と呼びます。

ファンドは金だけに投資しますから、金価格が上昇すればファンドの基準価額も上昇し、金価格が下落すれば、ファンドの基準価額も下落します。ただし、SPDR ゴールド・シェア受益証券は外国籍の投資信託ですので、外国為替相場の影響を受けます。円高ドル安はファンドの基準価額の押し下げ要因となります。また、金は利息の支払いがありませんから、分配は行なわれません。

SPDR ゴールド・シェア受益証券の管理会社はワールド・ゴールド・トラスト・サービシズ・エルエルシー、信託期間は無期限、運用管理費用は年0.4%程度です。

 

金価格の推移

過去10年程度の金価格の推移を見ると、2011年から2013年にかけては1オンス当たり1,800ドルの高値を付けていましたが、この所は1,250ドル程度で推移しています。

金価格の推移