ゴールド・ファンドとは?


ゴールド・ファンド

ゴールド・ファンドと呼ばれる投資信託には、①金関連の企業の株式に投資する投資信託と、②実際に金や金先物に投資して、金価格に連動する成果を目指す投資信託があります。

金関連の企業の株式に投資する投資信託

金関連の企業の株式を主な投資対象としている投資信託とは、南アフリカ、オーストラリア、米国を中心とした金の発掘、加工、売買に携わる企業の株式を対象とする投資信託のことです。このような株式を金鉱株と呼びます。

金鉱株の例

  • Gold Field (南アフリカ)
  • Aurion Gold (オーストラリア)
  • Harmoney Gold Mining (南アフリカ)
  • Lihir Gold (オーストラリア)
  • Newcrest Mining (オーストラリア)
  • Minas Buenaventura (ペルー)

②金や金価格に連動する投資成果を目指す投資信託

①が株式に投資するのに対して、実際に金の現物に投資したり、金先物などに投資して、金価格の値動きに連動した投資成果を目指す投資信託(ETF)もあります。このようなETFをゴールドETFと呼びます。

金に投資する投資信託(ETF)の例

金に投資する投資信託のメリット

  1. インフレヘッジ
    金は伝統的にインフレヘッジとして利用されてきました。インフレにより物の価格が上昇し、通貨価値が下落するような状況でも、金の価格はインフレにスライドして上昇する傾向にあるためです。このため、金に投資する投資信託はインフレヘッジ効果が期待できると考えられています。
  1. 投資分散効果
    金の価格は伝統的な投資対象(株式や債券など)との相関関係が低く、このため、金をポートフォリオに組入れることで分散が図られ、リスク低減に繋がります。

 

最初のゴールド・ファンド

米国で最初に設定されたゴールドファンドは van Eck氏によって1956年に2月10日に設定されたファンド(現在の「International Investors Gold Fund」)であると言われています。「International Investors Gold Fund」は、資産の少なくとも25%を金鉱株に投資し、少なくとも3カ国以上の国の株式に分散投資を行い、資産の50%は米国以外の国の株式が占めています。また、資産の12.5%までを金・銀の現物に投資します。ちなみに、Van Eck Global社の設立者でもあるvan Eck氏は現在、米国における最年長のゴールド・ファンドのファンドマネージャーとも言われています。