BDCとは?


BDCとは

2013年頃から、BDCを投資対象とする投資信託が登場しています。

【BDCに投資する投資信託の例(インデックスファンドを含む)】

  • 米国ハイ・インカムBDCファンド(毎月決算型)(三井住友アセットマネジメント)
  • 米国ハイ・インカムBDCファンド(年1回決算型)(三井住友アセットマネジメント)
  • インデックスファンドBDC(毎月分配型)(日興アセットマネジメント)
  • ミューズニッチ米国BDCファンド(毎月分配型)(日興アセットマネジメント)
  • ミューズニッチ米国BDCファンド(年2回決算型)(日興アセットマネジメント)

このBDCとはBusiness Development Companyの略称で、米国において1940年投資会社法(Investment Company Act of 1940)を根拠法として設立された中堅企業や新興企業等の事業開発を金融面及び経営面からサポートする投資会社のことです。BDCは、1980年に、中小及び新興企業への資金供給等を促す目的で誕生したもので、形態クローズド・エンド型のファンドであり、ニューヨーク証券取引所やナスダック証券取引所に上場しています。

 

BDCの投資対象

BDCが投資対象としている新興企業等は、リスクの高さから銀行からの融資を受けることが一般企業に比べ困難な傾向にあります。そのためBDCはこれらの企業へ投資することでより高いリターンを獲得することが可能となります。また、BDCは金融支援だけでなく経営支援も積極的に行ない、投資企業を上場させることで大きなリターンを獲得することが可能となります。

 

上場商品

ベンチャーキャピタルに似ているBDCですが、BDCはクローズド・エンド型のファンドで、証券取引所に上場しています。クローズド・エンド型ファンドとは、発行者が投資家の請求による解約に応じる保証をしていないファンドのことを指します。証券取引所に上場されているクローズド・エンド型ファンドについては、取引所において株式と同じように売買することができます。日本でもETF(上場投資信託)や不動産投資信託REIT)がクローズド・エンド型ファンドで、証券取引所に上場しています。

 

BDCに対する規制

また、BDCの運用資産については法律により適切な分散が求められています。例えば、少なくとも資産の70%を法律で定められた適格投資対象(時価総額2.5億ドル未満の未公開企業の株式、ローン、債券など)に投資することや1銘柄当たりの構成比率を全体の25%以下に抑えることなどが定められています。また、借入に関する制限も設けられています。(2014年12月現在)

投資家への配当については、90%以上を投資家に配当として分配することで、内国歳入法上の規制投資会社として扱われ、法人所得税を免除されるため、BDCへの投資家にとっては比較的高い配当収入が期待されます。また、投資家にとっては、証券取引所に上場しているため、個人投資家でも新興企業に少額で投資が可能となります。創業期のグーグル、アップル、インテル、フェースブックなどもBDCからの支援を受けたということです。

 

BDC指数

BDCの動向を知るための指数にS&P BDC指数やウェルズ・ファーゴ・ビジネス・デベロップメント・インデックス(Wells Fargo Business Development Company Index)があります。米国のニューヨーク証券取引所やナスダック証券取引所には、これらの指数への連動を目指すETF(上場投資信託)が取引されています。

 

bdc

(データ出所:S&P Dow Jones Indices http://us.spindices.com/indices/equity/sp-bdc-index)

 

【BDCの例】

  • American Capital Strategies (ACAS)
  • American Capital Senior Floating (ACSF)
  • Apollo Investment (AINV)
  • BlackRock Kelso Capital (BKCC)
  • Capitala Finance (CPTA)
  • Compass Diversified Holdings (CODI)
  • CorEnergy Infrastructure Trust (CORR)
  • Equus Total Return (EQS)
  • Fidus Investment Corp (FDUS)
  • Fifth Street Finance (FSC)
  • Full Circle Capital (FULL)
  • Garrison Capital (GARS)
  • Gladstone Capital (GLAD)
  • Gladstone Investment (GAIN)
  • Golub Capital BDC (GBDC)
  • Harvest Capital Credit (HCAP)
  • Hercules Technology Growth Capital (HTGC)
  • Horizon Technology (HRZN)
  • KKR Financial Holdings (KFN)
  • KCAP Capital (KCAP)
  • Main Street Capital (MAIN)
  • MCG Capital (MCGC)
  • Medley Capital (MCC)
  • Monroe Capital (MRCC)
  • MVC Capital (MVC)
  • New Mountain Finance (NMFC)
  • NGP Capital Resources Company (NGPC)
  • OFS Capital (OFS)
  • Oxford Lane Capital (OXLC)
  • PennantPark Floating Rate Capital (PFLT)
  • PennantPark Investment (PNNT)
  • Prospect Capital (PSEC)
  • Solar Capital (SLRC)
  • Solar Senior Capital (SUNS
  • Stellus Capital Investment Senior (SCM)
  • TICC Capital (TICC)
  • TCP Capital (TCPC)
  • THL Credit (TCRD)
  • TICC Capital (TICC)

【参考】
米国1940年投資会社法(Investment Company Act of 1940 )におけるBDCの定義
“Business development company’’ means any closed end company which—(A) is organized under the laws of, and has its principal place of business in, any State or States;(B) is operated for the purpose of making investments in securities described in paragraphs (1) through (3) of section 55(a), and makes available significant managerial assistance with respect to the issuers of such securities, provided that a business development company must make available significant managerial assistance only with respect to the companies which are treated by such business development company as satisfying the 70 per centum of the value of its total assets condition of section 55; andprovided further that a business development company need not make available significant managerial assistance with respect to any company described in paragraph(46)(C)(iii), or with respect to any other company that meets such criteria as the Commission may by rule, regulation, or order permit, as consistent with the public interest, the protection of investors, and the purposes of this title; and(C) has elected pursuant to section 54(a) to be subject to the provisions of sections 55 through 65.

(BDC及び法律は2014年12月末現在)