WealthNavi、最低投資金額を引き下げ


ウェルスナビ株式会社は、 2017年7月4日(火)より、 ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」 に直接申込んだ場合の最低投資金額を30万円に引き下げる。

これまで、 「WealthNavi」を直接申込んだ場合には100万円から、 SBI証券または住信SBIネット銀行を経由して「WealthNavi for SBI証券」や「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」を申込んだ場合には30万円から利用可能となっていた。 今般、 「WealthNavi」を直接申込んだ場合の最低投資金額を引き下げることにより、 申込み方法に関係なく30万円から利用できるようになる。

WealthNavi

ウェルスナビによると、「WealthNavi」は、 ノーベル賞を受賞した理論に基づく高度で客観的な資産運用アルゴリズムや、 テクノロジーを最大限活用することにより実現した利便性などが高く評価され、 2016年7月の正式リリースから約11ヵ月で申込が2万6,000件を超え、 預かり資産150億円を突破するなど(6月15日時点)、 将来に備えた資産運用ニーズが顕在化する働く世代に強く支持されている。

※「WealthNavi for SBI証券」および「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」を含む。

最低投資金額を100万円としてスタートした「WealthNavi」は、 投資経験者に選ばれており、 2017年4月末の時点で、 投資経験者が利用者全体の9割を超えている。ウェルスナビでは、 これまで、 資産運用サービスへの要求水準が高い投資経験者を中心とする利用者からのフィードバックを活かし、 「WealthNavi」の機能・サービスの改善を行ってきた。

そして、 機能・サービスの改善に一定の成果が上がったことや、 「WealthNavi」に直接お申込み頂く場合の最低投資金額を一時的に30万円に引き下げるキャンペーンが大変好評だったことを受け、 今般、 最低投資金額を30万円に恒久的に引き下げることとした。

ウェルスナビでは、次のようにコメントしている。

「次世代の金融インフラを構築し、 働く人が豊かさを実感できる社会をつくる」ことをビジョンとする当社は、 今年の5月におつりで資産運用アプリ「マメタス」(iOS版)の提供も開始しています。 今後も、 機能・サービスをさらに充実させ、 貯蓄から投資への流れを加速させてまいります。

※「マメタス」は、 「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」に対応したアプリですが、 今後、 対応サービスを拡大していく予定です。