楽天証券、楽天カードでの投信積立が可能に

さん  2018/08/29

推薦理由


楽天証券楽天カード株式会社は、2018年10月27日(予定)より、「楽天カード」※1のクレジット払いでポイント還元を受けながら、投資信託の積立ができるサービスを提供すると発表した。これにより、 「楽天カード」利用時の買い物と同様に、毎月の購入金額の1%分(100円につき1ポイント)、「楽天スーパーポイント」が貯まる。

楽天証券は、楽天グループの各サービス利用によって貯まる「楽天スーパーポイント」※2などで投資信託を購入できる「ポイント投資」サービスや、投信積立全対象商品の購入手数料(税込)を全額ポイントバックするプログラムの提供など、楽天グループの強みを活かした投資信託・投信積立サービスの拡充に積極的に取り組んでいる。

今回、新たに「楽天カード」のクレジット払いが楽天証券の投信積立引落方法として利用可能となり、毎月の購入金額1%分の「楽天スーパーポイント」が貯まるようになる。楽天証券では、「楽天カード」クレジット払いで投信積立を利用することで、1,500万名※3を超える「楽天カード」会員を含め、投資初心者にも投資信託での資産形成を始めやすい環境を提供できるものと考えている。

また、 投信積立の「楽天カード」クレジット払いで獲得した「楽天スーパーポイント」は、楽天証券で投資信託の通常購入に利用できるほか、 9月30日から提供開始予定の「ポイント投資」積立サービスでも利用可能。「楽天カードクレジット決済」を引落方法に選択し、ポイント利用設定を行うことで、投信積立で貯まったポイントをそのまま積立代金に充当することが可能となり、「ポイント投資」サービスをより効率的に活用できる。

楽天証券 投信積立サービス、 「楽天カード」のクレジット払い4つの特徴は次の通り。

1. 投信積立 毎月の購入額の1%分、 「楽天スーパーポイント」が貯まる

毎月、 投信積立購入額1%分の「楽天スーパーポイント」が貯まる。ポイントは、1ポイント=1円として、楽天証券の「ポイント投資」サービスを含め、 楽天グループ各種サービスで利用可能。

2.「残高不足で積立ができなかった」を防げる

「楽天カード」のクレジット払いを選択することで、積立指定日に引落先の金融機関口座内の残高が足りず、積立注文が行われないことを防げるようになる※4。毎月引落先に指定した銀行口座や証券口座へ事前入金する等の手間を軽減でき、より利便性が高まる。

3.最低100円から積立投資が可能

楽天証券の投資信託は、100円から購入できる。少額から資産運用が始められるため、初めて投資する人や複数の商品に分散投資したい人など多様なニーズに応えられる。

4.積立対象銘柄は、 約2,500種類

つみたてNISA対象の143銘柄を含め、投信積立全対象銘柄、約2,500銘柄の中から、自身の資産形成にあった商品を選択できる、

■ サービス概要

【開始日】
2018年10月27日(予定)設定分から
【内容】
楽天証券の投信積立において、「楽天カード」のクレジット払いが可能になる。毎月の購入額に応じて、1%分(100円につき1ポイント)の「楽天スーパーポイント」が付与される。
【利用可能金額】
100円以上1円単位、 月額上限50,000円
※「楽天カード」クレジット払い以外の引き落としについては、月額上限はない。
【対象口座】
特定口座、 一般口座、 NISA口座、 つみたてNISA口座
ジュニアNISA・未成年口座・法人口座での積立設定は対象外。

※1:対象となるカードは、 楽天カード、 楽天PINKカード、 楽天ゴールドカード、 楽天プレミアムカード、 楽天ANAマイレージクラブカード、 楽天銀行カード、 楽天カード アカデミー、 楽天ブラックカードなど。

※2:期間限定ポイント、 他ポイントから交換した「楽天スーパーポイント」を除く。

※3:2018年1月末時点。

※4:積立指定日に「楽天カード」の当月利用限度額を超えている場合、積立注文が執行されない場合がある。