リート(不動産投資信託)売買代金ランキング(上位5銘柄)(2019年7月)


2019年7月のリート市場

東京証券取引所が公表した月刊REIT(リート)レポート(2019年7月版)によると、東証REIT指数は、前月終値から78.66ポイント上昇して2,017.48ポイントで2019年7月の取引を終了しました。

2019年7月末のREIT市場の時価総額合計は前月比4.4%増加し15.17兆円となりました。予想年間分配利回り(時価総額加重平均予想年間分配金利回り)は3.73%でした。1日平均売買代金(立会内)は、前月比9.78%減少し479億円となりました。

 

 

リート売買代金上位5銘柄

2019年7月のリートの売買代金上位5銘柄(立会内)は次のとおりです。なお、7月末現在、東京証券取引所には63の不動産投資法人が上場しています。

順位 銘柄コード ファンド名 月間売買代金(百万円) 前月比(1日平均売買代金の前月比)
1 8963 インヴィンシブル投資法人 75,513 +90.2%
2 8951 日本ビルファンド投資法人 53,695 -28.7%
3 8952 ジャパンリアルエステイト投資法人 47,563 -20.4%
4 3283 日本プロロジスリート投資法人 42,590 -54.3%
5 3279 アクティビア・プロパティーズ投資法人 37,110 +42.1

(データ出所:東京証券取引所)**前月比は、1日平均売買代金の前月比

 

月間の売買代金が最も大きかったのは「インヴィンシブル投資法人」で売買代金は約755億円でした。インヴィンシブル投資法人は、ホテルを中核に、住居並び商業施設にも投資を行う投資法人です。スポンサーはFortress CIM Holdings L.P.(80%)とソフトバンクグループ株式会社(20%)(2019年8月9日現在)、運用会社コンソナント・インベストメント・マネジメント株式会社です。

 

2019年7月のREIT市場での出来事

7月の日本銀行による買入れは行われませんでした。インヴィンシブル投資法人が公募増資を発表しました。

Jリートを投資対象とし、東証REIT指数への連動を目指すETFの「東証REIT ETF」(銘柄コード:2555)が2019年7月16日に東京証券取引所に上場しました。運用会社はシンプレクス・アセット・マネジメントです。これにより、東証REIT指数をベンチマークとするETFは次の9本となりました。

 

また、次の7投資法人が7月に2019年5月期決算を発表しました。投資法人名をクリックすると、分配金支払い履歴等をご覧頂けます。