不動産投資信託(REIT)はいくらから買えますか?


不動産投資信託の投資口価格とは

不動産投資信託の価格のことを投資口価格と呼びます。不動産投資信託は最低購入単位が1口単位なので投資に必要な最低投資金額は1口当たりの投資口価格(手数料及び手数料にかかる消費税を除く)となります。

 

不動産投資信託(REIT)はいくらから買えるのか

2015年12月末の終値で見ると、東京証券取引所に上場している52本の不動産投資信託の1口当たりの投資口価格の分布は次のようになっています。

不動産投資信託の価格分布

最も多いのは10万円台のリート(20本)です。次いで20万円台のリートが11本ありました。1口当たりの投資口価格が最も低かったのはインヴィンシブル投資法人(8963)の80,000円で、一方、最も高かったのは星野リゾート・リート投資法人(3287)の1,256,000円でした。

2014年1月に少額投資非課税制度NISA)がスタートしましたが、投資単価を下げることでNISAにおいて不動産投資信託が購入しやすくなることを期待して、2013年12月頃から不動産投資信託の投資口の分割が相次ぎ、その結果、個人投資家でも購入しやすい価格のファンドが増えました。

投資口の分割とは?