投資一任運用サービス「ON COMPASS+」、西尾信用金庫での取り扱いを開始

さん  2022/04/18

推薦理由


マネックス・アセットマネジメント株式会社は、 2022年4月18日より投資一任運用サービス「ON COMPASS+」を、 西尾信用金庫で取り扱い開始した。 西尾信用金庫では顧客へのサービス紹介を行い、 資産運用契約のコンサルティングや契約後のアフターフォローは、 西尾信用金庫が業務提携を行う岡地証券で行う。マネックス・アセットマネジメントによると、信用金庫と地域密着型の証券会社、 運用会社の3社によるファンドラップの提供は、 国内初の取り組みとなる。

マネックス・アセットマネジメントは次のように述べている。

「ON COMPASS+」は、 デジタルと対面でのサポートを融合させた、 お客さま一人ひとりのニーズに合わせた資産運用を行うことができるパーソナルなサービスです。 今回の取り組みにより、 これまで以上に東海地域のお客さまの資産形成に貢献してまいります。

 

サービスの特長

資産運用の目的や資産運用に関するご意向に沿って、 一人ひとりに最適な資産運用計画を提案する。 積立や引き出しながらの運用など、 多様な計画を立てることができ、 資産形成世代から退職世代まで幅広い層に利用してもらえるサービス。

  • サービスの紹介は西尾信用金庫の担当者が対面接客で行う。
  • 資産運用計画のコンサルティングは、 マネックス・アセットマネジメントが提供するコンサルティングツールを活用して岡地証券の営業員が行い、 対面接客により顧客の不安や悩みに寄り添う。 運用開始後も、 岡地証券の営業員がアフターフォローを行い、 顧客の資産運用をサポートする。
  • 資産計画を立てた後は、 マネックス・アセットマネジメントが運用を行う。 売買の手間や日々のメンテナンスは一切不要。 専用の投資信託を通して、 国内外のETF(上場投資信託)に投資を行う。実質的に世界120ヵ国、 約62,000銘柄に分散投資を行い、 リスクを抑えた安定運用を目指す。
  • 運用管理のプロセスや顧客専用マイページを通じたコミュニケーションなどにデジタルの力を活用することで、 高い利便性と低水準の手数料を実現。 (契約にはメールアドレスの登録が必須)
  • 手数料は預かり資産残高の1.6575%(年率・税込)程度。 最終投資対象のETFの経費0.2%程度(概算)を含んだ費用となる。 申込、 解約、 変更に手数料はかからない。

サービスの詳細→https://on-compassplus.com/

 

サービス提供の仕組み

サービス提供の仕組み

ON COMPASS+のリスクと手数料→https://on-compassplus.com/cost-risk